素人?プロ?感覚の違い

ロザフィ アシンメトリーピアス先日のことですが、前に仕事をしていた方々とお会いする機会がありました。
ハンドメイドとは全く関係がない職場ですが、わたしの仕事のこともあり、ハンドメイドソーシャルマーケットの話になったのです。
その話の中で、面白いなぁと思ったことがありました。

ネット上で販売している方で、注意書きに「素人のハンドメイド作品なのでノークレームノーリターンでお願いします」と、記している方をよく見ます。

どういう意図で書いているのかは人それぞれなのでわかりませんが、わたしはこう書いている方に対して「お金をもらって販売する以上、素人ではないのでは?」と、思っているのです。
しかも、そう書いている方の中には相当量の販売実績がある方もいらっしゃいます。

わたしはかなり昔からオークションで販売していたこともあって、その当時からこの文面に多少違和感がありました。

いま、ハンドメイドを仕事にするためのノウハウ本なども多く出ていますが、その中でもやっぱりわたしと同じ考えのことが書いてあるので、みなさんやめた方がいいのになぁと常々思っていました。
もちろん、トラブルにならないように注意書きを記すのは必要ですが。

でも購入する方は、そんなこと思っていない方もたくさんいらっしゃることに気付かされたのです。
彼女たちの中に、ハンドメイド作品を購入した人がいたんですね。
で、彼女が言うには「素人のハンドメイド作品」って書いてあったのだけど、すごくクオリティが高くて、とても素人とは思えない素晴らしい作品だったそうです。

購入しようと決めたからには、その時点でイメージは良かったと思うのですが、注意書きの「素人」という言葉に対し、期待値は少し低かったのかもしれません。
でもすごく素敵な物が届いたので、感激したということでしょうか・・・・

それを聞いていて、思ったのは・・・「何かあった時に逃げるためのずるい言葉って見ていたけれど、立場が違うと受け取り方が全く違うんだ」ということです。

わたしは、自分のことをプロだと思っているので、その言葉はこれからも使いませんが、今までそういう言葉を見つけると目くじらたてて「素人じゃないでしょーこんなに沢山売ってるのに」と、思っていたことをやめようと思った次第です。

わたしと同じように思っている作家さんもきっと沢山いらっしゃると思うのですが・・・購入される方は意外と気にしていないって・・・なんだか気が抜けちゃいました(笑)

「はなちゃん家」のロザフィ作品は、 ネットショップ でご購入いただけます。
SOLD OUTの場合や色違い商品のご希望などがございましたら、オーダーメイド注文 のページをご確認の上、お気軽にお問い合わせください。